【書評】AI分析で人生も仕事もうまくいく勝ち組になるための本【感想】

  • 日々の業務に追われてウンザリ…
  • やってもやっても成果が出ない…
  • やる気が起きない…

こんな人に紹介する本がコチラ。

『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣

著者は、株式会社クロスリバー代表の越川慎司氏。これまで605社に対して、働き方改革の支援をしてきたそうです。

そしてこの本には、社員1万8000人を対象に、定点カメラやICレコーダーなどを使いながら、AIと専門家によって分析した結果が集約されています

仕事がうまくいかない人、人生がうまくいかない人、AIを味方につけて5%側に行きましょう!

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 越川慎司
created by Rinker

基本情報

初 版:2020年9月25日
著 者:越川慎司
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
ISBN:978-4-7993-2608-4

【レビュー】AI分析でわかった トップ5%社員の習慣

5%社員の五原則

まず序章で、トップ5%社員がどんな行動をしているのか、その五原則が紹介されています。

たとえば、
・5%社員の87%が「弱み」を見せる
・5%社員の73%が「意識改革」をしない

などですね。

過程よりも結果、量より質、まず行動、こういったことが書かれていました。

その他95%社員の行動

第1章では、『95%の一般社員』と『5%のトップ社員』との違いについて書かれています。

95%の一般社員は作業が終わった充実感に満たされ、「5%」社員は成果を残した時の達成感を目指しています。

P.49より引用

作業したことで満足しちゃうんですね。

一般社員のうち61%が「フィードバック=ダメ出し」というネガティブな印象を持っていました。(中略)一方、「5%社員」の78%は他社からのフィードバックに対してポジティブな印象を持っており……

P.52より引用

資料を作成したことだけで満足せず、さらに上を目指して改善点を探しているのが「5%社員」。

いやぁ、貪欲だわ…。真似できん。

「5%社員」がやっていること

第2章では、5%社員の思考と行動について書かれています。

今回のトップ「5%社員」に完璧主義者はいませんでした。

P.99より引用

6割でいいとか、8割でいいとか、よく聞く話ですよね。

「完璧主義すぎると行動力が落ちる」
「完璧を目指さないと楽になる」

とのことです。

5%社員の中で振り返りの時間を取っている人は48%、95%の一般社員の中で振り返りの時間を取っている人は6%しかいませんでした。

P.108より引用

『振り返り』は、『1行書くだけ日記』の中でも重要視されていました。

関連記事:【書評】仕事ができるようになって自信を持てるようになる本(条件付き)【感想】

他には、アウトプット、3つのロスを無くす、などが挙げられています。

5%社員の発言

第3章では、『発言』や『コミュニケーション』について書かれています。

「今ちょっといい?」と笑顔で声をかけたり、「ありがとう」と感謝の言葉を伝えたり。

「5%社員」が感謝を発する頻度は、一般社員の3.2倍であることがわかりました。

P.155より引用

『会議での発言が多い』的なことも書かれていましたが、そういう人だから5%社員になれたのか、5%社員だからそうなのか、なんとも言えないところです。

立場や会社の風土によるところもあるんじゃないかと思います。

5%社員の習慣とルーティーン

第4章では『習慣』、第5章では『ルーティーン』について書かれています。

75%の「5%社員」は翌日のタスクが決まってから退社していました。(中略)65%の人がタスク管理アプリを使っていました。

P.204-205より引用

よく使われているタスク管理アプリのトップ5として、『Trello』などが紹介されていました。

「5%社員」は、(中略)95%の一般社員よりも9倍以上の頻度で振り返る時間を設けていました。

P.236より引用

ここでも出てきました『振り返り』。

大事だからこそ何度も出てくるし、いろんな本に書いてあるんだと思います。

仕事に限らず、勉強やスポーツでも同じですよね。

AI分析で人生も仕事も好転させよう

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣 越川慎司
created by Rinker

『AI分析』っていうのが、なんか説得力ある感じがしますよね。実際その通りなんだと思います。

こういった行動をしていたから5%社員になれたのか、それとも5%社員だからこその行動なのか、そこのところはハッキリしませんが、少なくとも同じ行動をしてみようと意識するだけでも違ってくるかもしれません。

※誤字脱字のご報告
p.150 コミミュニケーション
p.243 シートカットキー