【感想】『言葉ダイエット』でプレゼン勝率を上げるべし【書評】

今日ご紹介する本はコチラ!

言葉ダイエット

『言葉ダイエット-メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術-』(宣伝会議)

著者は、コピーライターの橋口幸生さん。

「コピーライティングのスキルは、すべての文章を読みやすくするのに役に立つ。」

p.002より

という考えから、この本を書いたそうです。

丁寧すぎるビジネス文章にウンザリしていた私は、この本を読んで「そうだよね!」とスッキリしました。

文章に悩んでいる方、読みやすい文章を書きたい方は、ぜひ読んでください。

この本を読むと、こうなります。
  • メールを読みやすく書けるようになる
  • 企画書が通りやすくなる
  • 印象的なエントリーシートを書けるようになる
  • おもしろい文章を書けるようになる
  • 読みやすい文章を書けるようになる
言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術 橋口幸生
created by Rinker

【レビュー】言葉ダイエット―メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術

コピーのように書く

第1章では、『なぜあなたの文章は読みにくいのか』について書かれています。

「なんとなくビジネスっぽい体裁にしなくちゃ」といったことばかり考えていました。

P.012より

そこで、すべての文章をコピーを同じように書くことにしたところ、すぐに効果が出たそうです。

次章から、具体的なテクニックが紹介されます。

させていただきました症候群

第2章では、『ビジネス文章が長くなる理由』と、『言葉ダイエットのスキル(テクニック)』について書かれています。

具体的な事例も紹介されており、特に『ムダな敬語禁止』に登場したメール例文は、ぜひ目にしてほしいと思います。

『…修正後の説明も、社長からのネガティブがありながらも、いつも通りポジティブな方向で…』

P.039-040より一部抜粋

すべては紹介できませんが、このメール、本当に何を言いたいんだか分からない文章で…。

でも現場では実際に良くあるよなぁと。

『嫌われたくない』『不快な思いをさせちゃいけない』と考えるあまり、「よろしかったでしょうか」「させていただきます」といった、おかしな敬語になっちゃうんですよね。

言葉ダイエットの結果、いくつかの過程を経て読みやすくなり、279文字から61文字になりました。

デカ文字最強説

第3章では、以下についての書き方が解説されています。

  1. メール
  2. 企画書
  3. エントリーシート

中でも、特に『企画書』のページが、大変参考になりました。

描写、構成などについても書かれていますが、

文字をデカくする

ことを超重要ポイントとして挙げています。

著者は、文字が小さいことで失敗した経験があるそうです。

たしかに見えなきゃ意味がありませんし、小さい文字がギッシリの文章なんて読みたくありません。

『発見』が、おもしろくする

第4章では、『読みたくなる文章の書き方』について、書かれています。

たとえば亀のコピー。

『カメの性別は、卵の中にいた時の温度で決まる』

P.123より

「へぇ〜」と思いますよね。

このように、『発見』がある文章は、おもしろくなるということです。

旅行も、知らない土地で常に発見があるから楽しいんだと思います。

4章の後半では『発見の探し方』として、わかりやすい具体例と共に、4つが紹介されています。

言葉ダイエットの実例

第5章では、『読みやすいビジネス文章のお手本』が紹介されています。

なぜ読みやすいのかという解説付き

すごいコピーがたくさんあって勉強になりましたが、内容が少し難しく感じました(読み疲れてきたのかも)。

対談も必見

言葉ダイエット メール、企画書、就職活動が変わる最強の文章術 橋口幸生
created by Rinker

私も性格的に、要件だけ伝わればいいと思っているので、『いつもお世話になっております、なんちゃらかんちゃらうんぬんかんぬん…』というメールが嫌で嫌で…。

ムダの多い文章を書いているという心当たりのある方、ぜひ読んでみてください。

追伸:4章と5章の間にある対談『何歳からでも、おもしろくなれる。』も必見ですよ!