運営者のプロフィール

親知らず抜歯の様子と、その後24時間~72時間以上経過までの痛みや腫れなどをすべて報告します。

先日、親知らずを抜いてきました。

他の親知らずは子どもの頃に抜いてしまったのですが、右上だけ残っていたんです。

その子は横向きに生えていて、隣の奥歯にめり込んでいて、しかも虫歯、ってことも知ってはいたんですけど、ずっと放置していました。

でもちょっと前から急に痛みが出てきて「いやもうこれは行こう!」と、急遽予約を入れて歯科医院へ行ってきたので、その状況から順にご報告します。

歯科医院を選ぶなら東京医科歯科大学卒!(偏見?)

この地域へ引っ越してきて初めて行った「A歯科医院」は、しばらく通っていたんですけど、担当の先生が退職しちゃって医師が代わったんです。

そしたらなんだか言動が乱暴で患者に優しくなかったので、それ以来行かなくなりました。

続いて近所の「B歯科医院」へ。無駄な処置はしないという意味では良かったんですけど、逆にあまり治療に積極的な感じではなく…。

治療というより咬み合わせに重きを置いている歯科医でした。下調べが足りなかったかも。(無機質な受付も苦手)

で、今回は東京医科歯科大学卒の先生が開業している歯科医院を探しました。

というのも、子どもの頃に通っていた歯科医院がその大学を卒業した先生で、とても良かったんです。結果的にはこれが大正解でした。

親知らずを抜歯、一連の流れと詳細。

その日の朝に電話で予約して夕方に来院。受付の方も話しやすく好感を持てて安心。

しばらくして診察室へ入り、院長が問診。まずはレントゲンを撮りました。

診察台へ戻り、レントゲン写真を見ながら告げられます。

先生

まず、この親知らずは抜く必要があります。

とキッパリ。続けて、

先生

そしてこの奥歯も神経を取った方がいいです。あとは、ココとココも虫歯ですね。

的確かつシンプルな説明。親知らずと奥歯についてはこれまでの歯科でも指摘されましたが、他の部分の虫歯は言われませんでした。

むしろこちらから聞いても「無いですねー」と言われたくらい。

そして、

先生

今日抜いていきますか?
へっ?今日抜いてもらえるんですか?

クラゲ

先生

はい、抜けますよ。
あ…じゃあ抜いちゃってください

クラゲ

以前通っていたA歯科医院では「難しくて準備が必要だから、いつ抜くか事前に予約して」と言われていたので、面食らってしまいました。

何も考えず、抜けるんだったら抜いちゃおうと即決。早速準備に入りました。

抜く前に確認されたこと→血圧&いま飲んでいる薬

先生

血圧は高いほうですか?

いま飲んでいる薬はありますか?

抜歯にあたり、血圧が高いと出血も多くなるからということでしょうか?

薬に関しては、麻酔とか? あとは抗生剤と痛み止めを処方するからですね。気分が悪くなったことがあるかってことも聞かれたかも。あとはアレルギー?後述しますがゼラチン関係で。

当然、私の血圧は低いので、

上は100いきませんね。下が60の上が95とかです。
薬は、ロラタジンですね。皮膚科に通っているので。

クラゲ

ここから抜歯に入ります。

痛みは最初の麻酔でチクッとだけ、それ以外は無痛!

助手の方との会話から、普通の鉗子で抜くことが聞き取れました。

それから麻酔を注射します。おそらく数本打ったと思いますが、一回チクッとしただけ。昔感じたあの苦みもありません。

抜きやすくするために少し削った後、

先生

痛かったら無理せず言ってくださいねー

と、いよいよ抜歯。

木が伐り倒されるような”メキメキ”っという音を立て、思わず手に力が入ります。しかしまったく痛みは無く、あっさりと終了。こんな簡単に抜けちゃっていいの?と思うほど。

いやー、医療の進歩なのか、腕が良いのか、ホッとしました。

抜かれた親知らずを見ると、まるでアリの巣のように穴が空いていました。よくもまあこんな歯のまま過ごしていたもんだ。

抜歯後の処置→薬とゼラチンを詰めた

これも新しいなーと思ったのですが、ゼラチンを詰めるんですね。初めてでした。

先生

お薬とゼラチンを詰めてあります。自然と吸収されますので、取ったりしなくて大丈夫です。
強いうがいは控えてください。取れちゃったら取れちゃったでいいです。

「ゼラチンってことは、豚アレルギーの人はダメだよなー」と思いつつ聞いていました。アレルギー無いから大丈夫ですけど。

豚アレルギーの人はあらかじめ言っておいた方が良いかもしれません。

先生

食事は摂っても大丈夫ですが、右では噛めないと思いますので左で。熱いお風呂は血圧を上げるので控えてください。それとお酒も控えめに。
麻酔が2時間くらいで切れてくると思います。痛いときのために痛み止めと、あとは抗生剤を出しておきますね。
  • 食事OK(ただし反対側で)
  • 熱いお風呂NG
  • お酒は控えめに
  • 麻酔の効果は2時間ほど
  • 痛み止めと抗生剤を処方

2時間くらい飲まず食わずかと思いきや、食べても大丈夫だって。びっくり。お風呂はいつもシャワーだから問題なし。お酒もちょっとならいいそうです。

麻酔が切れたときがどんなもんなのか怖い。

薬はファロムとロキソニン、料金は3,070円。

薬は院内で処方されました。抗生剤として「ファロム」、痛み止めは「ロキソニン」です。

抗生剤「ファロム」は9錠。1日3回の3日分、食後30分以内に服用。

みんなの味方「ロキソニン」は3錠。痛いときに1回1錠の3回分。

料金は、保険適用3割負担で3,070円でした。

レントゲンが多少高いですね。抜歯自体はそんなに高額ではないです。初診料と大して変わらないし。

というわけで、無事に親知らずを抜くことができました。ここからは抜歯後の経過になります。

0時間~24時間→痛い(腫れ無し)

16:30に抜歯をしてからの24時間は、それなりに痛みがありました。でも耐えられないって感じでもなく、食事もなんとか摂れましたよ。

【0時間~2時間経過】少しずつ痛みが出てきた

帰宅してからしばらくすると、少し痛みが出てきました。どうやら麻酔が切れた様子。

【4時間経過】痛みはあるが食事はできた

25分で起きるはずが2時間寝てしまうのはいつも通り。痛みがあったので夕食は煮込みうどんに。意外と食べられました。

痛くて眠れないのは嫌なので、痛み止めを飲んで就寝。抗生剤も忘れずに。

口の中は血の味が少々、唾液には血が含まれています。

【14時間経過】激しい動きは禁物!

翌朝。寝起きは痛みが無く、朝ごはんにパンを食べて抗生剤を飲みました。

8:00からの勤務で出勤。この日は1歳児の保育に入り、雨だったのでお部屋で割とのんびり過ごしましたが、少し身体を動かすと、脈を打つようにドクンドクンと痛みが走ります。

「あー、やっぱり動いちゃいかんのだなー」と今更ながらに思いました。

【20時間経過】様子見

昼食後に抗生剤と、耐えられなくはなかったのですが痛み止めを服用。様子を見ます。そして午後は特に変わりなく。勤務を終えました。

24時間~48時間→痛くて食事が進まない~運動は控える

【24時間経過】少し痛む

この後に調理の勉強会を予定していたので、その買い物へ行きました。少し痛みながらも任務遂行。

【26時間経過】じわじわ痛む

会場へ届ける頃には、痛みレベルが「6」に(10段階)。じわじわ痛むのがツラくて耐えられず、開始早々に帰らせてもらいました。

【28時間経過】痛くて食べられない!

それからまた寝てしまい、起きたのが20:30。

じゃが野菜オムレツと豚肉の炒めものを作ったのですが、痛くて食事が進まない進まない。

右の奥歯と下の奥歯がちょっと触れただけで「ウッ!」ってなるくらい痛くて、途中で食事を切り上げました。抗生剤と痛み止めを飲んで寝ます。

【37時間経過】昨日よりはマシ

寝起きは痛くない。野菜ジュースやパンなどを軽くおなかに入れて抗生剤だけ飲みます。

7:00からの勤務。公園で追いかけっこや砂遊びなどをしましたが、さほど痛みも無く、昨日よりはマシな感じ。

でも一応、昼食後に痛み止めを飲んでおきました(抗生剤も)。

【47時間経過】走るとズキズキ痛む

この日は病院。入院前最後の精液検査と、入院へ向けての説明を受けてきました。

予約が16:00、勤務が15:30までだったので、結構ダッシュ。そしたらさすがにズキズキ痛みました。そんなに重くないです。

48時間~72時間→食事も運動も問題無し

【53時間経過】ロキソニンを温存

豚野菜炒めを作り、左側で慎重に食べました。

そんなに痛むわけではなく、痛み止めを温存して飲まずに就寝。

【64時間経過】もう大丈夫っぽい!

3日目の朝、痛みはありません。

そしてこの日から旅行で伊豆へ行ってきました。

同行者からは「直前に親知らずを抜くなんてバカじゃないの?美味しいもの食べられなかったらどうするの?お酒も飲めないし!」と怒られ呆れられ…。

しかしもう大丈夫っぽい感じで、美味しいランチも頂けましたよ。

【75時間経過】ゼラチンが取れてきた

ホテルでの夕食も楽しんで、お酒もたっぷり飲みました。たまに少し痛む程度で、腫れはありません。

少しずつ穴が塞がってきているのか、詰めてあったゼラチンが押し出されてきているようです。

それがごはんの粒のように思えちゃって、舌で触りながらずっと気になっていました。食べたばっかりの米粒がゼラチンに食い込むわけは無いんですけどね。

そのうち取れちゃうかな?と思っていたら、翌日にひとカケラ、その翌日にもうひとカケラ、ポロッポロッと取れていきました。

まとめ…病院選びは妥協しない!

あとで色々と調べてみると、親知らずを抜くって結構大ゴトなんですね。人によっては熱が出たり、すんごい腫れたり、なんにも食べられなかったり。

親知らずの生え方にもよるし、処置の仕方にもよるし、歯科医師にもよるし。

歯茎を切って親知らずを取り出すような手術になると、痛みや腫れも激しいんでしょうね。そういえば子どもの頃は縫った記憶があります。

今回は考え無しに「あ、じゃあ」なんて抜いてしまいましたが、熱も出ず腫れも一切無く、痛みが64時間くらいでほぼ無くなったのは、運が良かったと思います。

 

仕事を休まなきゃいけないのはともかく、週末の旅行に行けない可能性があったわけで、もう少し予定と相談するべきだったかなと。

そして何よりも要因として大きかったのは病院選びだと思っています。不安や疑念を持ったまま治療を受けるよりも、自分で選び納得した上で処置してもらった方が後悔しないし。

過去にヒドイ内科、ヒドイ耳鼻咽喉科も経験しました。病院選びは妥協しない方が良いです。ウデだけではなく相性もね。

次回は隣の虫歯を治療します。