クラゲのプロフィール

【インフルエンザB型】タミフルを飲まないとどうなるか試してみた

インフルエンザになったらタミフルを飲んだ方がいいの?
海外の研究では疑問視されているようだから、飲まないで治すことにしてみたよ。

クラゲ

 

どうも、クラゲです。

インフルエンザになっちゃったよー!B型!

 

もちろんタミフルを処方されたのですが、あえて飲まないという選択をし、自分の免疫に任せることにしました。

結果的には、飲んでも飲まなくても差が無い印象です。

【結果】1週間近く38℃台で苦しんだ

ということで見出しの通り、熱が一旦下がった後、再び上昇し、38℃台のまましばらく過ごすことになりました。

これがタミフルを飲まなかったからなのか、飲んでいたら違ったのか、推移を見ながら考えていきます。

【症状の推移】4月30日~5月8日

4月30日10:00…咳がコンコン

前日の夜更かしが祟り、どうやら風邪をひいた様子。

なぜ午前3:00まで起きていたのか忘れましたが、これで免疫力が低下し、インフルエンザウイルスの受け入れ体制はバッチリです。

5月1日1:00…37.3℃

この一時間後、念のため体温を測ってみると微熱が。翌日8:00からの仕事に備えて寝ます。

5月1日7:00…36.8℃(体調悪い)

ほぼ平熱まで下がったものの、寒気・だるさ・節々の痛みなど、いかにもこれから熱が上がりそうな雰囲気。

とりあえず職場へ向かい、仕事に入りました。

5月1日10:00…37.8℃(早退)

もう立っているのもしんどくなってきたので、熱を測ると37.8℃。

「あーこりゃダメだ」と思って早退。近所の内科へヨタヨタと辿り着きました。

5月1日11:00…インフル陰性

アセトアミノフェン

退勤してその足で近所の内科を受診。

インフルエンザの検査をしましたが、ここではまだ陰性。感染してからの時間が短すぎて、ウイルスを検出できなかったようです。

タミフルではなくアセトアミノフェンを処方されて帰りました。

5月1日14:00~…常に38℃台

検査で陰性だったとはいえ、念のため翌5月2日は仕事を休みました。

熱はずっと38℃台をキープ。寝ても起きても38.0℃~38.9℃の間を行ったり来たり。

玉袋もユルユル

男性ならわかると思いますが、熱があるときって玉袋がユッルユルになりますよね?精子が熱に弱いのと関係があるんでしょうか。

逆に冬は寒くてキュッてなる。

5月2日18:30…インフルエンザB型陽性

夕方、別の内科で予約を取れたので受診。

検査をするとあっさりと陽性反応が出て、インフルエンザB型でした。

5月2日19:00…タミフル処方→飲まない

タミフル

タミフルを処方され、となりの薬局で受け取ります。

 

薬局の人

いま飲んでいきますか?
いいえ、帰って飲みます。

クラゲ

 

結構しんどかったので「飲んじゃおうかな」と一瞬思いましたが、初志貫徹。

まさか「飲むつもりはありません」とは言えず(笑)

 

薬局の人

では帰ったらすぐに飲んでくださいね。タミフルはウイルスが増えるのを抑える薬なので、増え切ってから飲んでもダメなんです。発症から48時間以内に飲まないとあまり効きません。

なんか急かしてくるなーと思ったら、こういう理由だったんですね。納得。

でも飲まないと決めていたので飲みません(ごめんなさい)。

5月2日20:30…妻は「飲んだ方がいい」派

帰宅して妻に報告。すると当然の一言が。

タミフル飲んだ方がいいと思うよ〜?

そりゃそうですよね。飲むのが一般的だし、処方してもらってるわけだし。目の前にあるし。

そこからドラクエⅢのランシールかと思うくらい「飲まないの〜?」「飲みなよ〜」と言われましたが、断固として飲まず。

感染らないように別々の場所で寝ました。

5月3日10:00…36.8℃(免疫の勝利!?)

熱が下がりました!免疫を信じて良かった!

これでゴールデンウィークを楽しめる。

5月3日16:00…37.2℃(性欲が戻る)

性欲が戻ってきました。これも回復の指標の一つです。

5月3日22:00…再び38℃台へ

喜びも束の間、再び38℃台へ上がってしまいました。

またウイルスが活動を始めたということでしょうか。緩急つけるとは、なかなかやりおる…。

5月5日夜…「あっ、これ治ったわ」

3日夜から丸2日間38℃台で苦しみ、5日の夜にようやく解熱。

そのとき、ハッキリと感覚が違いました。身体が軽くなったというか、”フッ”と楽になったというか。「あっ、これ治ったわ」と思いました。

翌日も朝から動くことができ、ようやくインフルエンザから解放されました。

5月6日18:30…妻が38.8℃!→タミフル飲んだ

その夜、今度は妻が38.8℃の熱を出してしまいました。急な発熱…インフルエンザが感染ったと考えるのが自然ですよね。

夜なので病院はやっておらず診断は出ません。そして私のタミフルが手元にあるという状況。

 

飲むべきか…?

 

仮にインフルエンザだったとしたら、まさに今ウイルスが増えようとしている段階なので、効果を期待できます。

でもインフルエンザかどうか分からないのに飲んでもいいものか…?

考えることはいろいろありましたが、あまり悩むこともなく飲んじゃいました。

5月7日朝…妻の熱、下がる。

翌朝、熱が下がり、普通に仕事へ行きました。

単に疲れから発熱して一晩寝たら回復しただけなのか、インフルエンザ初期でタミフルを飲んだおかげなのか。

確かめようがありませんが、とにかく良かったです。

5月8日…治癒証明書をもらいに内科へ

私の方はまだ仕事に復帰できず。治癒証明書が無いとダメと言われ、しぶしぶ内科へ。

発熱から丸7日以上、解熱から丸2日以上。もう治っているのは明らかなのに、わざわざ証明をもらわなきゃいけない。

たったこれだけのために¥1,500

 

スーパービッグチョコ30個買える!

 

無駄な労力、無駄な出費。

安全管理上で必要なことかもしれませんが、やっぱり組織は窮屈です。

タミフルを飲む理由

ウイルスが増える前に対応する

妻が発熱した直後にタミフルを服用して、翌朝に熱は下がりました。

もしあれがインフルエンザだったとしたら、これはもうタミフルが効いたとしか考えられませんので、飲んで良かったと言えます。

違ったんじゃないかなーと思っていますけどね。

周りにうつさないようにする

やっぱり身近な人にうつしちゃうと申し訳ないですよね。

妻が苦しんでいる姿を見ると、「ああ、飲んでおけばよかったかな」と思いました。

自分は飲まないけど、妻には飲んで楽になってほしいという気持ちになったり。

一人ならおとなしく寝ていればいいのですが、一緒に暮らしている人がいる場合にはウイルスを減らしておいた方が良いかもしれません。

タミフルを飲まない理由

実は効かない?

「コクラン計画」という医療評価機関による報告を読むかぎりでは、むしろ飲む理由が無いとさえ思ってしまいます。

MEMO
成人のインフルエンザ感染者のうちタミフルを投与されたグループは、プラシーボ(偽薬)を投与されたグループと比べて発症期間が0.7日(7日→6.3日)短縮される一方、未成年の感染者では有意な効果が見られませんでした。

また、インフルエンザ感染から入院に至ったり肺炎などの合併症につながるリスクについては、タミフル服用によって軽減できるとのエビデンスを見い出せませんでした。

一方、副作用として吐き気・嘔吐を起こすリスクが成人で約4%、子どもでは約5%あることが分かりました。

予防目的でタミフルを服用した人が精神症状を示すリスクは約1%で、一部のタミフル服用者に抗体産生能力の低下が見られたことも指摘されています。

引用元:ワイリー・ヘルスサイエンスカフェ

つまり、

  • 飲んでも0.7日しか治りが早くならない
  • 合併症を防げるわけではない
  • 副作用が出ることがある
  • 抗体を作りづらくなることがある

発表された内容の骨子は以下のようなものでした。

MEMO
1:タミフルはインフルエンザに効くか?
――答え:ノー
タミフルを使用した成人インフルエンザ患者の発症期間は6.3日。投与しなかった成人患者の発症期間は7.0日で、早く治るという明確な結果は得られなかった。
2:タミフルは安全か?
――答え:ノー
副作用として成人の4%、小児に5%に吐き気や嘔吐が見られ、3・1%が頭痛を訴えた。
また、タミフルを予防的に服用した人の1・1%に精神症状がみられた。
この報告が大きな意味を持つのは、9623人のデータを解析して行なわれた最も信頼のおける調査だからです。

米国も以前からタミフルの効果に懐疑的で、CDC(米国疾病管理予防センター)が、タミフルの使用を推奨しているのは、
・入院が必要な重症の患者さん
・65歳以上の高齢者
・5歳未満の小児
・気管支喘息、糖尿病などで免疫の落ちている人
に限っています。
それに引き換え、日本では依然、インフルエンザになったら即、タミフルが当たり前です。

タミフルの売り上げの約8割は日本市場

引用元:一般社団法人 国際感食協会

誰でも彼でも飲めばいいというわけではなく、リスクの大きい人に限っているようです。

飲むか飲まないかは自己判断で

インフルエンザやタミフルに関して、アメリカやヨーロッパなどと日本では、考え方がかなり異なっています。

「飲んでも意味ないよ」とか「飲んでるのは日本だけだよ」って言われると、飲みたくなくなっちゃいますよね。

でも少しでも早く治るなら飲みたいし、家族や周りにうつさないためにも飲んだ方が良さそうだし。

 

今回タミフルを飲まずに過ごしてみて、どんな感じで治っていくのか分かりました。

インフルエンザも風邪の一種なので、水分と栄養を摂取しながら安静にしていれば良いと、私は思っています。

だから飲みません

利権が絡んで製薬会社がボロ儲けするのもシャクだし。

その人の考え方や置かれた環境によっても変わってくると思いますから、飲むか飲まないかは自己判断で!