クラゲのプロフィール

和歌山県「紀三井寺」を参拝、所要時間60分で「大千手十一面観音像」などを見てきたよ。

和歌山紀三井寺

和歌山マリーナシティをあとにして、海南駅から2駅先の紀三井寺駅までやってきました。

なぜかって?お寺が好きだからですよ~。
四国八十八箇所お遍路をするくらいですから。

和歌山で有名なお寺らしいので、ここはスルーできません。

というわけで行ってきます!

【アクセス】紀三井寺駅の東口から徒歩10分

最寄は紀三井寺駅の東口。徒歩10分程度です。

駅の中にロッカーがあるので、荷物の多い方は預けて行けます。

これだけの自転車があって、盗難はゼロ!
素晴らしい!

庭のパン屋さん

駅のすぐ近く右手にパン屋さん。

しかしこの日は水曜で定休日でした。残念~。

T字路を右へ曲がって歩いて行くと、こんな景色。

この辺を左へ曲がります。

つきあたり正面に見えてきました。

裏門で入場券を購入して正門へ

駐車場
・時間:8:00~17:00
・料金:三時間300円

ここ、実は正門(楼門)ではなく裏門らしいです。

もちろんこちらから入っても問題なく、先に参拝料を納めて楼門へ向かいました。

この道をまっすぐ行けば参道へ出るそうです。

お、出ました。ここを左へ。

やっぱり楼門は立派ですね。

西国三十三国第二番札所「紀三井寺」

右側通行。

ここで参拝料を納めて入れますが、すでに裏門で納めていたので、

十六郎

あっちで納めました~

と券を見せ、通してもらいました。

紀三井寺の階段:最速記録「21.9秒」

門の手前から数えて231段、ここから210段。

けっこうありますね。

無謀な挑戦はおやめください

とありますが、同時に

最速記録は21.9秒

なんて書いてあったら、挑戦したくなっちゃいますよね(笑)

陸上100メートルの元日本記録保持者が出したタイムなので、かなうはずはありませんが。

納経所

登り切るまでの間に、いろいろあります。

ここは納経所。

紀三井寺の三井水(名水百選)

紀三井寺の三井水

名水百選だそうです。

木塚龍王

木塚龍王。どちらさまでしょうか。

身代わり大師と胡瓜封じ

右手に「身代わり大師」。

胡瓜封じの絵馬

なんで胡瓜なのかというと、

  • 切り口が仏具に似ている
  • 形が人の立ち姿に似ている
ことからきているらしいですが、おもしろいですねー。

お手洗い

お手洗いもキレイです。

個室も洋式ですね。

高台からの景色

階段を登り切って振り返ると、こんな感じ。

高台からの景色もなかなかです。

大千手十一面観音像

登って右手に「大千手十一面観音像」。

頭の上にちっちゃい顔がたくさん乗っています。

お供えは「出前一丁」。

このヒモ(縄?)の先が観音様とつながっているので、さわるとご利益があるそうです。

100円の入場料を納めて3階へ。

街を一望。

窓から観音様の顔を拝むことができます。

しあわせ地蔵尊

外へ出ると「しあわせ地蔵尊」がありました。

お賽銭を投げて入ったところによって運勢が変わる、ゲーム要素的なアレですね。

紀三井寺の本堂へ

さて、今度は左側のエリアへ。

お店はお休み。

「幸福観音」

この先に紀三井寺の本堂。

ごくらく橋で先祖供養。

水子供養もしてくれるようですね。

和歌山県の指定文化財でした。

脇の階段を登ると何があるのか…。

登るだけの価値はあるのか…?

重要文化財「護国院・多宝塔」

重要文化財を見ることができましたー(棒)。

善寿院

階段を少し降りて右手の道へ。

ひっそりと佇む「善寿院」。

裏門へ

いまさら出てきた案内図。裏門へ向かいます。

松尾芭蕉さんとバッタリ。

大型車両も入ってくるみたいです。

帰ってきました~。先ほどはどうも~。

紀三井寺まとめ

  • 開所時間:8:00~17:00
  • 参拝料:200円
  • 駐車場:3時間300円
  • 階段が231段
  • かなり体力を使う
  • 所要時間:約60分

という紀三井寺でした。

平日の日中に行ったので、私の他には5~6人しかいませんでしたね。

いろいろと見どころはあったので、桜のシーズンや土日にはもう少しいるのかもしれません。

紀三井寺駅を出てから戻ってくるまで、約90分の滞在でした。

次の目的地は和歌山城

まだ時間があるので、今度はこのまま和歌山城へ向かいまーす。