運営者のプロフィール

【失業後の年金と保険】扶養に入る?社会保険と国民健康保険、どっちにする?

クラゲ

失業後の手続きめんどくさーい!

そう、面倒ですよね。自ら退職してフリーランスになったので、わがまま言っていられませんが、こういう手続きはホント面倒です。

とはいえ無年金&無保険になるわけにはいかず、でもどうしたら良いのかイマイチわからず。

とりあえず相談に行ったらいろいろ見えてきたので、参考までにその中身を紹介します。

年金事務所(年金の相談)

まずは年金のことを相談するために最寄りの年金事務所へ。

4月は激混み!

到着して中へ入ろうとすると、入口にこんな案内が。

  • 3時間以上の待ち時間となっております。
さすが年度替わり。これを見ただけでくじけそうです。

予約しようにも、このありさま。ぎっしり埋まっています。

クラゲ

どうすりゃいいの?
と思って総合受付へ行くと、2階の国民年金課へ案内されました。

年金手帳は無くても大丈夫

2階へ上がると、先に相談している人が一人。あとは誰もいません。順番待ちの紙を取り、相談・手続き受付票を記入して待つこと約10分ほどで呼ばれました。

ここで初めて気付いたのですが、年金手帳を忘れてしまったんですね。でも大丈夫。名前と生年月日から、その場で検索してくれました。

ただし、本人確認できる運転免許証などは最低限必要です。

扶養に入って厚生年金(第3号被保険者)

私の場合、妻がまだ正規の職員として働いているので、扶養に入るという選択肢があります。

  1. 妻の扶養に入って厚生年金
  2. 妻の扶養に入らず国民年金

妻の扶養に入る場合は、

  1. 入れるかどうかを妻の職場に確認する
  2. 入れるのであれば、手続きは妻の職場が行なう。
となります。

この場合、「扶養されている厚生年金加入者」ということで、いわゆる「第3号」のようです。

会社で半分を負担してくれるので、個人で国民年金に加入するよりも、保険料を安く抑えることができます。

そのことを考えると、扶養に入れるなら入った方がお得ですね。

扶養に入らず国民年金(第1号被保険者)

妻の扶養に入らない、あるいは入れないのであれば、国民年金になります。

私が年金事務所へ行った時点では、まだ前職場が厚生年金脱退の手続きをしていなかったため、無加入状態ではありませんでしたが、もし脱退していたら、

年金事務所の方

国民の義務ですので、この場で加入して頂きます。

と言われました。

国民年金は全額自己負担で、16,340円(2018年4月現在)です。

ひとまず妻の職場に確認するということで相談は終了しました。

区役所(健康保険の相談)

続いてその足で向かったのは区役所。今度は健康保険の相談です。

保健年金課というのを見つけてそこへ向かいました。

「国民年金」という窓口もあったので、もしかしたら年金もここで相談できたかもしれません。しまった。

扶養に入って社会保険

年金と同様、妻の扶養に入るという選択肢があります。

ひとつ違うのは、

  • 扶養に入らなくても社会保険を継続できる
という点です。

  1. 妻の扶養に入って社会保険
  2. 妻の扶養に入らず社会保険の任意継続
  3. 妻の扶養に入らず国民健康保険

妻の扶養に入る場合は、

  1. 入れるかどうかを妻の職場会社に確認する
  2. 入れるのであれば、手続きは妻の職場が行なう。
となります。

扶養に入らず社会保険の任意継続

社会保険は退職後も任意で継続することができ、

  • 退職日から20日以内に手続きが必要
  • 継続期間は最長2年間
  • 保険料は仕事をしていた時の2倍

任意継続を希望する場合は、必要な書類を20日以内に提出しなけれななりません。

参考 健康保険任意継続制度(退職後の健康保険)について協会けんぽ

途中で抜けることもできるので、とりあえず継続という手もアリだと思います。

ただし、保険料はこれまでの2倍になります。半分は職場が負担してくれていたからですね。

そこで必要になってくるのが、国民健康保険料との比較です。

社会保険料と国民健康保険料を比較する

任意継続するべきなのか、国民健康保険に切り替えるべきなのか、料金を比較しなければ判断できません。

社会保険料は、協会けんぽのページから確認できます。

参考 平成29年度保険料額表協会けんぽ

私の場合は、標準報酬月額26万円で、介護保険第2号被保険者に該当しないので、ひと月あたり25,818円ですね。

一方で国民健康保険はどうでしょうか。横浜市のページで試算してみました。

参考 平成30年度国民健康保険料試算ページ横浜市福祉局

ここで入力するのは、前年の給与収入です。

源泉徴収票などで確認してください。

ひと月平均で25,499円と出ました。

横浜市は10回払いなので、実際の支払額は1回あたり30,599円ですが、比較すべきはひと月平均の額です。

  • 社会保険料…25,818円
  • 国民健康保険料…25,499円

大差ありませんでしたね。とはいえ年間で3,828円と考えると小さくもありません。

人によっては大きく変わる場合もあるようなので、確認してみてください。

「扶養に入って社会保険」なら職場と折半のため半分で済みますから、やはり扶養に入れるなら入った方がお得です。

国民健康保険に入るために必要な書類

もし国民健康保険に決めたのであれば、必要な書類があります。

  • 健康保険・厚生年金保険の資格喪失連絡票

というもので、これは退職した職場からもらえるはずです。

もらえなかったら催促してください。これが無いと加入できません。

これを持って役所へ行けば、国民健康保険の加入手続きを進めてくれます。

あとで7割が戻ってくる

ひとつ心配なのが、手続き完了までの間の医療費。

これについては、

  • ひとまず10割で支払う
  • あとで7割を戻してもらう

「だから大丈夫ですよー」と、お姉さんが教えてくれました。

まとめ

  1. 扶養に入れるかどうかを配偶者の職場に確認。
  2. 入るなら配偶者の職場で手続きをしてもらう。
  3. 入らないなら、年金→国民年金、保険→社会保険任意継続or国民健康保険。

とにかくまずは扶養に入るかどうか、入れるかどうかの確認ですね。

こういうのって、納める方は天引きとか半強制的に集められる制度なのに、もらう方はすんんんごい手間がかかりますよね。

どうにかしてほしいです。

以上、解散!