運営者のプロフィール

サンリオピューロランドへ平日夕方に行ったら混雑とは無縁で快適だった

先日、サンリオピューロランドへ行ってきました。

小学生の頃に町内の子供会で行って以来なので、約30年振り2回目。メルヘンと商売っ気が満載のサンリオワールドでした。

京王多摩センター駅からサンリオ満載

最寄の京王多摩センター駅に到着。

ホームを見渡すと、自動販売機・乗車位置・エレベーターなど、あちこちでサンリオキャラクターがお出迎え。

乗務員室の扉もサンリオ仕様。改札を左に出てランドへ向かいます。

大人3,300円、子ども2,700円

駅に着いたのが13:00頃。お昼ごはんがまだだったので、道中の京王プラザホテルでランチバイキングを頂きました。

ランドの参道(?)からすでに若干メルヘンな造り。少し歩くと全体が見えてきます。花壇の手入れ具合も見ながら入口へ。

平日料金は、18歳以上が3,300円、3歳~17歳が2,500円。子どもも結構お高いですね。

平日14:00を過ぎると大人2,000円、事前購入だと100円引き、その他いろいろな割引キャンペーンをやっているようです。

今回は友人がプレゼントとしてサンリオショップ特別価格で購入してくれたパスポートを使わせてもらいました。

この日の再入場は禁止。空いているからですね。

というのも、混んでいるときはランド内のレストランに収容しきれないので外にも食べに行ってほしいとか。

人がいなくて快適!

中へ入って真っ先に出迎えてくれたのは、疲れ切ってベンチに座り込むお父さん達。

この世界にやられた様子。

入場したのは14:00頃。ガランガラン。

あまりに人がいなさ過ぎて「運営大丈夫か?」と心配になりました。

乗り物などには少々並んでいる列が。25分待ちとなっていましたが、この瞬間だけだったようで、すぐに10分待ち程度になりました。混んでいる時のためにファストパスも販売されています。

自動販売機もサンリオ仕様。料金は150円くらいで普通でした。安心して買えます。

とにかく写真を撮られまくる

ランド内を少し進むと、「マイメロードドライブ」という乗り物がありました。

待ち時間の表示は10分。どうせすぐに誰もいなくなるだろうから後で…と思いましたが、「いま乗ろう」と言うので乗ることに。

女性や子ども用に作られているのか、男性には座席が狭く、特に外国人の方は大変そうでした。

扉の向こうには、それはもうメルヘンな世界が広がっておりましたよ。

そして各エリアごとにほぼ毎回写真を撮られます。全部で4枚か5枚かな?最後に「写真買ってね」とかわいい声でセールス。

出口付近のフォトプリントコーナーで写真を選び、ペンでお好みの文字やイラストを書いたらレジへ、という流れ。

「個人情報の強制搾取だな」と思うと同時に、ここまで商売っ気を出してくるのはすごい。せいぜい1アトラクションで1枚ですよね。

ゆるさ爆発、ぐでたまランドへ!

すぐ横にあるのが「ぐでたまランド」。

行列を作る暇人達に対して早速煽ってきます。が、この日は待ち時間無しで中へ。

入国審査でパスポートをもらう

ぐでたまランドへ入るには入国審査が必要で、名前を伝えてパスポートを渡されます。このパスポートを使って、中のゲームなどを楽しむようになっています。

混んでいるときはグループに一枚、空いているときは希望すれば一人一枚ずつもらえます。今日は空いていましたが二人で一枚だけにしました。

名前は「ぐで〇〇〇」になるので、きんぎょであれば「ぐできんぎょ」、たまにすると「ぐでたま」。ゲーム内に名前が表示されるので、本名を晒したくない人は偽名にすると良いです。

うんことかは、お姉さんから入国拒否を言い渡されるかも。

一階は見るコーナー

一階はショップコーナー。ファストフード店やカフェを見たり、写真を撮るなどして楽しみます。天井は剥き出し。

数か所に設置されている「すたんぷゲットエリア」。ぐでたまスタンプをもらえます。

二階は写真と飲食店街

二階へ上がると証明写真コーナーが。隣にも写真屋さん。

露骨!清々しいほど露骨!またしても「写真を売るぞ!」という意思をハッキリと表明してきました。

ここにパスポートを置くと撮影が始まります。

他には、カフェ、おしり、寿司屋。

イクラにも顔があります。

ライトの下へお皿を置くと、映像が現れる仕組み。

「ぐでたま飯店」では、流れてくるフライパンへタイミング良く卵を割っていくゲームをして楽しみます。

三階はゲームコーナー

ぐでたまにタッチして得点を競うゲームや、マヨネーズ仕様のピンを倒すボウリングがあります。パスポートを置くとゲーム開始。

ガチャガチャも設置されているものの、半分が準備中な上に全て同じ種類。

出国審査~パスポートを返却

一階へ戻って出国審査。パスポートには、遊んだ内容や回数が記録されており、それによってぐでたまからのコメントが変わるようになっています。

出口には…ありました、写真販売。500円なら良心的ですかね。購入するとQRコードからもダウンロードできるようになります。

パスポートは忘れずに返却しましょう。

ランドの中心でショーを観る

ぐでたまランドから出ると、ちょうどショーが始まる時間でした。

ハローキティイルミネーション「SPARCLE!!」。

「スパークルー!」という魔法の言葉で、イルミネーションが光ります。

観客は地面に座る形になりますね。「こんなにいたのか」と思うくらい集まっていました。

ただ、見上げる形になるので疲れるんじゃないかなー。脇の階段を上った階からみると絶好です。

このショーの見どころは、スタッフのお姉さんが無表情で機械的に手拍子してる様子。

キャラクターボートライド

さて、入口付近まで戻って乗り物へ。25分待ちだった「キャラクターボートライド」は、10分待ちになっていました。

提供の「フコク生命」がアピール全開。

どうやらパーティーへ招待されてやってきたという設定のよう。ギザカワユスな世界が満載です。

途中でオープンなエリアへ出て、音楽もキャラクターも無い「シーン」としたシュールな場面も。

ぐでたま・ザ・ム~ビ~ショ~

ぐでたまが映画監督となって、いろいろやります。観客参加型なので、質問をされたり、いじられたり、自転車を漕がされたり。

ディズニーで例えると「タートルトーク」?でもいじられ具合がちょっと違いますね。

撮って~、一瞬しか振り返らないからね~。

ミラクリュージョン★Happiness

プロジェクションマッピングと光のイリュージョンショーです。

先程のショーは上空でしたが、これは地上ですので、最前列はかぶりつき席ですね。

ピューロランド内その他とお土産など

ショーもほどほどに、まだ見ていないランド内を廻ってみました。…誰もいません。

フードコートも終了気配。

ゲームコーナー。UFOキャッチャーは、1回200円、3回500円。

銀行ATMと外貨両替機も設置

お土産コーナー付近には、ご丁寧に銀行ATMと外貨両替機が設置してあります。たくさん買ってね。

位置的には、入口から右へ行ったところにあります。

16:30くらいになるとお店が閉まる

レストランなどの飲食店、上階のショップなどは、夕方になるともう閉店します。

お土産は早めに買っておこう

閉園間際になると、お土産エリアが混みます。

平日夕方でさえも、レジに列ができていました。と言っても5分待ちくらいですけどね。

最後に慌てないためにも、少し早めに切り上げると良いと思います。

穴を覗くと何かが見えるよ!

トイレの表示が、男性用なのか女性用なのか分かりづらくて迷いました。キャラクターを知っている人から見ると、一目瞭然なのかもしれませんが。

まとめ

サンリオピューロランド、幼少期の記憶などかけらも残っておらず、初めての世界観を楽しめました。

興味の無い男性陣はすぐに飽きてしまうでしょうね。冒頭のお父さん達が象徴的です。

私もキャラクターとかまったく分かりませんでしたが、未知の世界は刺激になります。(ケロッピだけは覚えてた!)

こういうテーマパークへ行くのであれば、やはり平日が良いですね。ストレスの少ない環境の方が楽しめますし、時間の無駄も少ない。

あえて土日祝日ではなく、行けるのであれば平日に行きましょう。

基本情報

【最寄駅】多摩センター駅(京王線・小田急線・多摩モノレール)

【営業時間】曜日などにより変動(平日10:00-18:00、休日9:00-20:00など)

【パスポート】18歳以上(平日3,300円・休日3,800円)/3歳~17歳(平日2,500円・休日2,700円)

年間パスポート、割引パスポートなども有り。

※年間パスポートは2018年4月1日から値上げ…10,000円→13,000円!