【ドメイン移管】お名前.comからエックスドメインに移管する方法(手順)【画像29枚】

ドメイン移管完了のお知らせ

所有しているドメインを『お名前.com』から『エックスドメイン』に移管する方法(手順)を解説します。

長いこと『お名前.com』を使っていたのですが、もう我慢できなくなり、エックスドメインへ切り替えました。

その理由は、ほぼスパムと言えるメール攻撃、誤って契約させるような誘導など、信用できなくなったからです。

「やり方が分からないし面倒」と思っている方は、この記事を参考にしてください。

お名前.com側の移管手続き

ドメイン移管ロックを確認(解除)

1.お名前.comにログインし、『ドメイン機能一覧』をクリック。

お名前.comからエックスドメインにドメイン移管する方法(手順)001

2.『ドメイン移管ロック』をクリック。

3.移管がロックされていないか確認します(OFFならOK)。

Whois情報代行設定の解除

4.ドメイン一覧から、対象のドメインをクリック。

5.『サービス利用中』なので、設定を変更します。

6.右下に小さく表示されている『解除はこちら』をクリック。

7.解除するドメインを選択。

8.チェックを入れて、設定を解除します。

メールアドレスを確認

9.再び、ドメイン機能一覧から『Whois情報変更』へ。

10.対象のドメインを選択。

11.登録者情報にチェック。

12.メールアドレスを確認。受信できるアドレスであればOKです。

AuthCode(オースコード)を確認

13.対象のドメインをクリック。

14.右の『表示』をクリックすると、枠内に表示されるので、控えておきます(コピペできるようにしておく)。

エックスドメイン側の移管手続き

15.『ドメイン移管』から、ドメインを入力します。

16.取得可能になっていることを確認し、14で確認した『AuthCode』を入力(コピペ推奨)。

17.ドメイン料金を支払います。

18.入金が完了した後、対象ドメインの『移管申請』へ。

19.『移管作業中』になっていればOK。なっていない場合は、認証欄に再度AuthCodeを入れてください。

トランスファー申請の承認

20.しばらくすると(16時間くらい)、エックスサーバーから『トランスファー申請に関するご案内』というメールが届きます。

21.メール内のリンクをクリックし、移管を承認します。

22.エックスサーバー(ドメイン)側のトランスファー申請が完了。

23.少しすると(3時間くらい)、お名前.com側から『トランスファー申請に関する確認のご連絡』というメールが届きます。

24.メール内のリンクをクリックし、移管を承認・決定します。

25.これで、お名前からエックスへのドメイン移管申請が承認されました。メールも届きます。

26.最後に、エックスドメインから『ドメイン移管完了のお知らせ』というメールが届いて、手続きは完了です。

27.エックスドメインの管理画面で、移管したドメインの操作が可能となりました。

まとめ:ドメイン移管の手順(お名前.comからエックスドメインへ)

  1. 移管ロックを確認・解除(お名前)
  2. Whois情報設定を解除(お名前)
  3. メールアドレスを確認(お名前)
  4. AuthCodeを確認・取得(お名前)
  5. 移管したいアドレスを入力(エックス)
  6. AuthCodeを入力(エックス)
  7. ドメイン料金の支払い(エックス)
  8. トランスファー申請を承認(エックス)
  9. トランスファー申請を承認(お名前)

私は一度、お名前.comから届いた『トランスファー申請に関するメール』を、いつもの広告メールだと思って削除してしまい、失敗しました(その後ちゃんとできました)。

手順さえ間違えなければ、割と簡単にドメインの移管が完了しますので、スムーズに切り替えてくださいね。