【どうする?】『このミーティングは録音されています』表示の仕組みと参加者側の対応3つ

Zoomをレコーディングすると、『このミーティングは録音されています』という表示と音声が出ます。

zoomこのミーティングは録音されていますスマホ

この表示&音声が出る『仕組み』と、『参加者はどうしたらいいのか』を解説します。

  • 全員に表示と音声が出る
  • 表示が出るタイミングは3パターン
  • 参加者は、参加するか退出するか
  • オフにしているものはレコーディングされない

『このミーティングは録音されています』が表示されるタイミングと仕組み

『このミーティングは録音されています』という表示が出るタイミングは、下記の3パターン。

  1. レコーディング中に入室したとき
  2. 参加中にレコーディングが開始されたとき
  3. レコーディングの一時停止中に初参加して、レコーディングが再開されたとき

3が少しややこしいですが、一時停止中に入室しても表示は出ず、その人には再開されたときに表示が出ます。

一時停止前のレコーディング中に参加していた人には、すでに一度表示が出ているので、再開されたあとは出ません。

また、2回目以降は表示は出ないものの、音声案内はそのつど流れます(一時停止からの再開時、停止後の再レコーディング時など)。

「このミーティングは録音されています」

 or
「レコーディング イン プログレス」

参加者の選択肢は3つ

『このミーティングは録音されています』と表示されたとき、参加者の選択肢は主に3つあります。

  1. レコーディングされていることを承知のうえで参加する
  2. 嫌だから退出する
  3. レコーディングを止めるようホストに求める

1.参加する場合、会議の発言者などは変な言葉がレコーディングされないよう配慮が必要です。

2.退出した場合、ミーティングには参加できません。

3.一旦入室する必要がありますが、ホストに「レコーディングを止めてほしい」と要求してみるのもひとつの手段。

ビデオとマイクがオフであれば顔も声もレコーディングされないので、あまり神経質にならなくても大丈夫かなと思います。

特に『ウェビナー』の場合、そもそも参加者はビデオもマイクもオフのまま操作できませんから、心配無用です。

まとめ

  • 全員に表示と音声が出る
  • 表示が出るタイミングは3パターン
  • 参加者は、参加するか退出するか
  • ホストにレコーディングの停止を求めるのもアリ
  • オフにしているものはレコーディングされない

初めて見た人は驚くかもしれませんが、変なことさえしなければ、普通に参加して大丈夫です。

不安な人は、チャット等でホストに聞いてみましょう。