【録画まとめ】Zoomのレコーディング機能と使い方をザックリ解説

  • レコーディングって何?
  • どうやって録画するの?
  • なにがどこに保存されるの?
  • 気をつけることはある?

Zoomにはレコーディング機能があり、画面だけではなく、音声やチャットなども記録・保存することができます。

今回は、手動でレコーディングする方法と、保存先、注意点などをザックリ解説します。

無料プランでも使えます

  • 記録されるもの…音声・チャット・画面など
  • 録画方法…手動・自動
  • 保存先…ローカルorクラウド(有料プラン)
  • スマホやタブレットはクラウド限定
  • 参加者も録画可能(許可が必要)

記録されるもの(音声・チャット・Zoom画面)

レコーディングによって記録されるものは、主に3種類あります。

  • 音声のみ
  • チャット(使った場合)
  • Zoom動画(画面と音声)

音声のみ

Zoomレコーディング方法007

『audio_only』というファイルには、音声だけが記録されています。テープ起こしなどの際に便利ですね。

「音声だけあればいい」という人は、画面や動画を消して容量を軽くしましょう。

チャット

チャットに1文字でも入力→送信すると、『メモ帳』の形式で記録されます。

内容と順番は、『時間・名前・メッセージ』。

入力→送信が何も無ければ、チャットのメモ帳ファイル自体が作られません。

Zoom動画(画面と音声)

Zoomの様子が丸ごと記録され、Zoomの画面と音声がそのまま再生されます。

画面は、レコーディングしている人の画面が記録されるため、その人の画面設定(切替)によって変わります(スピーカービュー、ギャラリービューなど)。

ビデオをオフにしていれば自分の顔が映ることはありませんし、ミュートを解除しない限りは自分の声が入りません。

レコーディング方法と操作(手動)

Zoomをレコーディングする方法は、2種類あります(手動と自動)。

ここでは、手動での録画方法と操作について解説します。

関連記事:『ミーティングを自動的にレコーディングする』の使い方とメリット・デメリット

開催中の画面から始める

開催中の画面で、レコーディングをクリック。

Zoomレコーディング方法000

無料プランの場合は、これだけでレコーディングが開始されます。

有料プランの場合は、「ローカル」か「クラウド」のいずれかを選択すると、レコーディングが始まります。

【ローカル】このコンピューターにレコーディング(保存)※USBなどを含む
【クラウド】クラウドにレコーディング(保存)

まずはローカル(コンピューター)に保存してみましょう。

なお、スマホやタブレットの場合は、ローカルレコーディングができません(端末に記録できない)。

有料プランで開催した『ホスト』であれば、クラウドに保存することが可能になります。

全員に表示が出る

レコーディングが開始されると、その時点で参加している全員に『このミーティングは録音されています』という表示と音声が出ます。

つまり、参加者に内緒でレコーディングすることはできません。

あとから参加した人には、入室時に表示が出ます。

また、画面の左上にも『レコーディングしています』という表示が現れます。

Zoomレコーディング方法004

これは、誰か1人でもレコーディングをしている限り、表示され続けます。

参加者一覧にも、レコーディングしている人のところに赤いマークが表示されます。

Zoomレコーディング方法009

いま誰がレコーディングしているのか、ひと目でわかります。

一時停止/停止

レコーディングは、一時停止/停止することができます。

Zoomレコーディング方法005

一時停止をクリックするとレコーディングが中断され、左上の表示が『録音を一時停止』に変わります。

Zoomレコーディング方法006

『▶︎』をクリックすると再開されます。

Zoomレコーディング方法007

停止を押すと一旦終了しますが、その時点では何も起こりません。

ミーティング終了後(退出後)に、mp4への変換が始まります。

再度レコーディングを開始すると、先程とは別ファイルの扱いになります。
【一時停止】ひとつのファイル
【停止】ファイルが分かれる

mp4に変換される

ミーティングを終了(退出)すると、mp4(というファイル形式)への変換が始まります。

レコーディングの内容や長さに比例して、変換する時間も長くなります。

【ざっくり目安】

・REC30分で変換40秒
(ビデオ無し音声無しチャット無し)
・REC5時間で変換15分
(ビデオあり音声ありチャットあり)

パソコンの処理速度などによっても差が出ます。

保存先を選択する

mp4への変換が終わったら、保存先の選択画面が現れます。

このままOKをクリックすると、ドキュメントに保存され、自動的にZoomフォルダが作成されます。

パソコンに接続していれば、USBフラッシュメモリーや、外付けハードディスクにも保存可能です。

私はいつも一旦ドキュメントに保存し、時間のあるときに他へ移しています(そのあとドキュメントから削除)。

レコーディングしたデータは、できるだけUSBやHDDに保存しましょう。ドキュメントにずっと保存したままだと、パソコンの容量を使うことになり、動作が重くなってしまうなどの原因となります。

超薄型外付けHDD ポータブルハードディスク 1TB
created by Rinker

ちょこっと注意点

全員ミュートだと警告が出る

誰もマイクをオンにしていない状態(ミュートを解除していない状態)でレコーディングを始めようとすると、警告が出ます。

Zoomレコーディング方法002
Zoomレコーディング方法003

素直にミュートを解除してもいいですし、音声なしで続行しても構いません。

「忘れないよう早めにレコーディングをスタートしておき、会議などが始まるときにマイクをオンにする」といった使い方もアリです。

最小化できない

レコーディングしているパソコンは、画面を最小化することができません(レコーディングしていないパソコンは大丈夫)。

ちなみに、最小化すると小窓の状態になります。

zoom最小化

ただ、最小化できなくてもウィンドウの大きさを変えることはできるので、あまり支障はありません。

開始or再開するたびに音声が流れる

先述のとおり、レコーディングを開始すると『このミーティングは録音されています』という表示と音声が出ます。

「このミーティングは録音されています」
「レコーディング イン プログレス」

という音声は、レコーディングを開始or再開するたびに流れてしまうため、何度も繰り返すとミーティングの妨げになります。

できるだけ1回で済むようにしましょう。

小ネタ

ホストの状態でレコーディングを始めたあと、他の人をホストにしても、元ホストは一般参加者のままレコーディングを続けることができます。

こんなことをしなくても、参加者にレコーディングの許可をすればいいだけなんですけどね。

Zoomレコーディングまとめ

  • 記録されるのは、音声・チャット・画面
  • 保存先は、ローカルとクラウド(有料プランのみ)
  • スマホやタブレットはクラウド録画のみ
  • レコーディングを開始するといろんな表示が出る
  • 終了(退出)するとmp4への変換が始まる
  • コンピューターへの保存先はドキュメントが基本
  • USBやHDDにも保存できる
  • レコーディング中のパソコンは画面を最小化できない
  • 参加者にもレコーディングを許可できる(ローカルのみ)

Zoomのレコーディングは、非常に便利な機能です。

無料プランで使える範囲(ローカルレコーディング)でも充分だと思いますので、積極的に活用しましょう。

関連記事:『ミーティングを自動的にレコーディングする』の使い方とメリット・デメリット