【数字】Zoomの『パスコード』を変更する方法&注意点【記号】

  • 簡単なパスコードにしたい
  • 難しいパスコードにしたい
  • 使える記号は?
  • 何個(何ケタ)までOK?

今回は『パスコード変更』について。

以前は、有料プランじゃないと変更できませんでしたが、無料プランでも変更できるようになりました。

zoomパスコード変更001

変更する方法や、使える文字と条件、変更にあたっての注意点などを解説します。

  • 無料プランでも変更できる
  • 1〜10個(10ケタ)まで使える
  • 使えるのは、数字・アルファベット・記号。
  • 半角じゃないとダメ
  • 招待状にも反映される
  • 招待リンクも変わる(パス埋め込み時)
  • 開催中は変更できない

関連記事:【いらない】ミーティングのパスコードを『無し(不要)』にする方法&注意点【Zoom】

参加用パスコードを『変更』する方法&注意点

半角10個まで入力可能

ミーティングのスケジュール画面から、パスコードの枠内をクリック。

1個~10個(10ケタ)まで入力できます。
(10個を超えた分は、消えたり、上書きされたり、入力できなかったりします)

使えるのは、『数字』『アルファベット』『記号』。

『.』(ドット)だけというパスコードも可能です

有効なのは『半角入力』のみで、『全角入力』をしてしまうと無効になり、『パスコードが要件を満たしていません』という表示が出ます。

招待リンクも変わる

招待状にも反映されます。

招待リンクにパスコードを埋め込んでいる場合、パスコードを変更するとリンクも変わります

すでに誰かを招待した後は、パスコードを変更しない方が無難です。

開催中は変更不可

ミーティング開催中は変更できません。

一度ミーティングを終了すれば、また変更できるようになります。

ちなみに、『パスコード無し』という設定もあります(有料プランのみ可能)。

複雑と簡単の使い分け

安全性を高めたいなら、複雑なパスコードに。

数字、アルファベットの大文字小文字、記号をごちゃ混ぜにして組み合わせるほど、セキュリティは上がります。

例:%4n~#:Q/?7

「難しくて入力できない」という人もいるので、その場合は『パスコードを埋め込んだ招待リンク』を送ってあげましょう。

クリックするだけで参加できます

簡単なパスコードにすると、入力ミスの心配が減るので、参加者がたくさんいたり、招待リンクを送れないような時に便利です。

セキュリティ的には少し不安ですが、簡単すぎるパスコードにしなければ、さほど問題はありません。

関連記事:【いらない】ミーティングのパスコードを『無し(不要)』にする方法&注意点【Zoom】

まとめ

  • 無料プランでも変更できる
  • 1〜10個(10ケタ)まで使える
  • 使えるのは、数字・アルファベット・記号。
  • 半角じゃないとダメ
  • 招待状にも反映される
  • 招待リンクも変わる(パス埋め込み時)
  • 開催中は変更できない