【いらない】ミーティングのパスコードを『無し(不要)』にする方法&注意点【Zoom】

有料プランであれば、パスコードを無しにすることができます。

しかし、それだとセキュリティ的に危険なため、単純に『無し』だけでは済みません。

代わりの設定が必要になります

※無料プランではパスコード必須ですが、『入力しなくても参加できる方法』はあります(招待リンクへの埋め込み)。

今回は、『パスコードを無しにする方法と注意点』を解説します。

  • スケジュール画面でチェックを外す
  • 代わりに『待機室』か『認証』が必要
  • 招待状からパスコード表記が無くなる
  • マイ設定でオフにする
  • スケジュールのデフォルトが待機室になる
  • 無料プランはパスコード必須
  • 招待リンクに埋め込めば入力無しで参加可能

関連記事:【数字】Zoomの『パスコード』を変更する方法&注意点【記号】

参加用パスコードを『無し(不要)』にする方法&注意点

スケジュール画面から

ミーティングのスケジュール画面で、パスコードのチェックを外します。

すると、『オプションを少なくとも1つ選択する必要があります』と表示されます。

パスコードの代わりに、『待機室』もしくは『参加時に認証を求める』を使わなければなりません

この状態で『保存』をクリックしても効きません

『待機室』を使うと、参加者がダイレクトに入室できなくなります。

関連記事:『待機室』の使い方とメリット・デメリットを解説【Zoom】

『参加者に認証を求める』と、『Zoomにサインインしている人』しか参加できなくなります。

アカウントを持っていない人は参加できません

もちろん、全部使うこともできます。

招待状からも、パスコード関連が無くなります。

マイ設定ページから

マイ設定ページからも変更できます。

『ミーティングパスコード』をオフにします。

スケジュール画面のデフォルトが、パスコードではなく『待機室』になります。

すでにスケジュール済みのミーティングには、影響しません。

無料プランは『パスコード必須』

2020年5月のアップデートにより、無料プランのパスコードが必須化されました。
(パスコード関連のチェック操作は無効)

このように、無料プランでは『パスコード無し』の設定にはできません。

ただし、『パスコードを埋め込んだ招待リンク』を送れば、参加者はパスコードを入力しなくても参加することができます。

まとめ

  • スケジュール画面でチェックを外す
  • 代わりに『待機室』か『認証』が必要
  • 招待状からパスコード表記が無くなる
  • マイ設定でオフにする
  • スケジュールのデフォルトが待機室になる
  • 無料プランはパスコード必須
  • 招待リンクに埋め込めば入力無しで参加可能

関連記事:【数字】Zoomの『パスコード』を変更する方法&注意点【記号】