【Zoom】新しいミーティング作成時の設定をザックリ解説【スケジュール】

  • 設定の中身がイマイチよく分からない
  • とりあえず無難に設定したい

新規ミーティングをスケジュールする際、16項目くらいの設定があります。

その中には、ちゃんと設定した方がいいものもあれば、あまり気にしなくていいものも。

細かく話すとそれなりにボリュームがあるため、この記事では”ザックリ”解説します。

最低限これだけ知っていればOKです。

新しいミーティングをスケジュールする

まずは、Zoomトップページ『マイアカウント』から『マイページ』へ。

zoomマイアカウント

ミーティングの右端にある『ミーティングをスケジュールする』から、設定をします。

Zoom新しいミーティングをスケジュールする001

Zoomミーティングの設定をする

各設定の中身を、ザックリ解説していきます。

トピック/説明(任意)

トピックは、会議名などのタイトル。
できるだけ分かりやすくシンプルなものにしましょう。

説明(任意)は、登録するときの画面などに表示されますが、ほとんど出番はありません。

無料プランの人は気にしなくて大丈夫

関連記事:『トピック』と『説明(任意)』の入力と表示例を解説【Zoom】

開催日時/所要時間

開催日時は、実際にミーティングが行なわれる予定の時間を入力しましょう。参加者への招待メールには、その日時が記載されます。

ちなみに、時間になったからといって、勝手に始まったりしません。

また、時間前にも開始できるので、早めに入ってスタンバイすることがほとんどです。

所要時間は、適当でOK。
というのも、無料プランには『3人以上で40分まで』という時間制限があるからです。

24時間使えるプロプランにした場合も、あまり気にしなくて大丈夫。招待メールには記載されませんし、設定した所要時間を過ぎたからといって、強制終了させられることもありません。

時間を過ぎてから終了すると、『今後』からは消滅しますが、『過去』には残ります。

心配なら少し長めに設定を。

関連記事:『開催日時』と『所要時間』の仕様&使い方【Zoom】

タイムゾーン/定期ミーティング

タイムゾーンは、開催する国(地域)の時間に合わせます。日本で開催するなら、そのまま日本時間でOK。

関連記事:『タイムゾーン』の仕様と使い方・表示場所などを解説【Zoom】

定期ミーティングは、『毎週金曜日に会議』など、定期的に開催が決まっている際に便利な機能。『毎日』『隔週』『毎月』などの細かい設定もできます。

関連記事:『定期ミーティング』の使い方・設定方法【Zoom】

ミーティングID

基本的には『自動的に生成』を選択してください。毎回ランダムなIDになります。

個人ミーティングIDは、あえて使う理由もありません(セキュリティ的リスク&他で代用可能)。

関連記事:『個人ミーティングID』をおすすめしない理由&設定・使い方【zoom】

パスコード/待機室

セキュリティ上、パスコードの設定は重要です。無料プランでは必須化されました。

有料プランにすれば『パスコード無し』にすることもできますが、おすすめしません。

関連記事:Zoomの『パスコード』を変更or無効(不要)にする方法

待機室は、参加者の入室を一旦保留する機能です。

参加者はまず待機室へ送られ、主催者がチェックし、問題なければ参加を許可するというシステム。

許可されなければ入れないため、セキュリティ対策になります。

関連記事:『待機室』の使い方とメリット・デメリットを解説【Zoom】

ビデオ(ホスト・参加者)

オンにチェックを入れておくと、入室と同時に画面(顔)が映るようになります。

開始後にオンもオフもできますが、顔出し前提のミーティング等であれば、最初からオンでも良いかもしれません。

ミーティングオプションと代替ホスト

zoomミーティングオプションと代替ホスト

参加者に参加を許可する 任意の時間

ざっくり言うと、「参加者が好きなときに入れるようにするかどうか」という項目です。

これにチェックを入れておくと、ホストがいなくても参加者がZoomへ入室できるようになります。

以前は、『ホストの前の参加を有効にする』という名の項目でした。

関連記事:『ホストの前の参加を有効にする』を解説【どうなる?】

関連記事:『ホストキー』を使って『ホストの前に参加した人』にホストの権限を与える方法(手順)

入室時に参加者をミュートにする

文字通り、参加者がミュートの状態で入室します。

「入室した瞬間に大きな音や話し声が流れたら困る」
「指名された人だけ発言してほしい」

というようなときに使えます。

ミーティングを自動的にレコーディング

開催した瞬間から、自動的にレコーディングがスタートします。

開催後に手動でレコーディングできますが、忘れずにレコーディングしたいときは自動が確実です。

無料プランはローカルレコーディングのみ(パソコンなどに保存)、有料プランはクラウドに保存できます。

関連記事:『ミーティングを自動的にレコーディングする』の使い方とメリット・デメリット

特定の国/地域からのユーザーのエントリを承認またはブロックする

「参加できる国(地域)を設定、もしくはブロックする国(地域)を設定」する項目です。

たとえば日本からのアクセスに限定すれば、海外からの不正アクセスを防ぐことも可能になります。

ミーティングを開始/招待状をコピー

スケジュールを保存した後、編集することができます。

また、設定後はすぐに開始することができ、所要時間内であれば一旦終了しても再開できます。

ミーティングの招待状をコピーし、メールやLINEに貼り付けて、誘いたい人へ送信。

あとは参加者がリンクをクリックし、パスコードを入力すればZoomに参加できます(パスコードをリンクに埋め込んだ場合は入力不要)。

関連記事:【招待】Zoom会議に参加者を招待する2つの方法と7つの手段【ミーティング】

まとめ

  • トピック…タイトル
  • 説明…無くてもいい
  • 開始日時…正確な方がいい
  • 所要時間…あまり気にしない
  • タイムゾーン…開催地の時間に設定
  • ID…『自動的に生成』を選択
  • パスコード…これは大事
  • 待機室…必要に応じて使用
  • ビデオ…どちらでもOK
  • オプションはノーチェックでOK

これで設定は完了です。

トピックと開催日時さえ決まっていればなんとかなるので、使いながら覚えていきましょう。