【初めてのZoom会議】開催するために必要な3ステップを解説します

  • Zoom会議を開催したい
  • Zoom飲み会を開催したい
  • どうやったらいいの?

Zoom会議に参加するだけなら、誰かに招待してもらえば難しくありません。

しかし、自分がホストとして開催するためには、主に3つのステップが必要になります。

  1. Zoomのアカウントを作成する(無料)
  2. 会議(ミーティング)を設定する
  3. 参加者を招待する

ひとつずつ解説していきます。

Zoomのアカウントを作成する

Zoomのホームページから、アカウントを作成することができます。

zoomサインアップ手順001

『サインアップ』と書いてあるものが、アカウント作成です。

ここで必須の個人情報は『メールアドレス』のみ。
(誕生日はウソでもOK、氏名もニックネームでOK)

最初は無料プランなので、支払いも発生しません。

>>>【サインアップ】Zoomのアカウント作成方法と手順を解説します【無料】

会議(ミーティング)を設定する

アカウントを作成できたら、マイページからミーティングを設定します。

最低限必要な設定は、以下の3つだけ。

  1. トピック(会議の名称)
  2. 開催日時
  3. 所要時間

基本プラン(無料)の場合、『所要時間』は何時間にしてもあまり変わりません。

40分までしか使えないからです。

月2,200円の『プロプラン』にグレードアップすると、24時間使えるようになります。

その他、詳しい設定については、別の記事で解説しています。

>>>【Zoom】新しいミーティング作成時の設定をザックリ解説【スケジュール】

参加者を招待する

ひとりではZoomをやる意味がありませんから、参加者を招待します。

招待する方法は、主に以下の2つ。

  1. メールで招待リンクを送る
  2. ID(&パスコード)を教える

簡単なのはメールでの招待で、主催者は参加者へメールを送るだけ。

参加者は、メール内のリンクをクリックし、パスコードを入力すると参加できます。(パスコード無しも設定可能)

zoomミーティング開催と招待005

招待リンクを送れない相手でも、ID(&パスコード)を教えれば、Zoomのホームページから参加してもらうことができます。

Zoom開催3ステップ003

>>>【招待】Zoom会議に参加者を招待する3つの方法【ミーティング】

まとめ:まずはサインアップから

  1. Zoomのアカウントを作成する(無料)
  2. 会議(ミーティング)を設定する
  3. 参加者を招待する

この3つが、Zoomミーティング開催までの基本です。

アカウントの作成は最初だけなので、そのあとは会議ごとに設定と招待の繰り返し。

まずはサインアップ(アカウント作成)から、やってみましょう。

>>>【サインアップ】Zoomのアカウント作成方法と手順を解説します【無料】

>>>【Zoom】新しいミーティング作成時の設定をザックリ解説【スケジュール】

>>>【招待】Zoom会議に参加者を招待する3つの方法【ミーティング】