『ホストキー』を使って『ホストの前に参加した人』にホストの権限を与える方法(手順)

『ホストの前の参加を有効にする』と、ホストがいなくても入室できることは、前回の記事でお話ししました。

『ホストの前の参加を有効にする』を解説【どうなる?】

その場合、ホストが来ない限りは、ずっとホスト不在となるのですが、『ホストキー』を使えば、参加者にホストの権限を与えることができます。

今回は、その方法(手順)をお伝えします。

  • ホストキーはプロフィールにある
  • あらかじめホストキーを伝えておく
  • 参加者がホストの申請をする
  • 参加者がホストキーを入力する
  • 後から入った元ホストは参加者になる
  • 新ホストが元ホストに権限を戻せる

ホストキーを使ってホストの権限を与える方法

事前にホストキーを伝えておく

代わりにホストをやってほしい人へ、ホストが事前に『ホストキー』を伝えておく必要があります。

『ホストキー』は、ホスト(アカウント作成者)のマイページ『プロフィール』の中

zoomホストの前の参加を許可004

これを、誰かホストをお願いしたい人へ伝えておきましょう。

ホストを申請する

『ホストの前の参加を有効にする』機能を使って、ホストの前に参加すると、ホストが不在になります。

zoomホストの前の参加を許可003

参加者一覧の右下から、『ホストを申請』をクリック。

zoomホストの前の参加を許可004

ここで、ホストキーを入力してホストの要求をします。

zoomホストの前の参加を許可004

すると参加者がホストに。これでホストの権限が与えられ、いろいろな操作が可能になりました。

zoomホストの前の参加を許可004

元ホストは参加者になる

先に入室した参加者がホストへ切り替わった後、元々ホストだった人が入室すると、元ホストは参加者となります。

あらかじめホストがこの『ホストキーを』伝えておく必要がある

ホストの権限を移したまま進めても良ければ、特に変更しなくても大丈夫。

ホストの権限を戻す

必要に応じて、元ホストにホストの権限を戻すこともできます。

参加者一覧から元ホストの『詳細』を選択し、『ホストにする』をクリック。

zoomホストの前の参加を許可009

これで、ホストの権限が戻りました。

zoomホストの前の参加を許可009

まとめ:ホストを他の人に任せられる

  • ホストキーはプロフィールにある
  • あらかじめホストキーを伝えておく
  • 参加者がホストの申請をする
  • 参加者がホストキーを入力する
  • 後から入った元ホストは参加者
  • 新ホストが元ホストに権限を戻せる

これで簡単な仕組みは理解できたでしょうか。

使うとしたら、会議を設定した人が参加できず、他の人に運営をお願いするときくらいですかね。

まあ覚えておいても損は無いと思います。