【Zoom】新しいミーティング作成時の設定をザックリ解説【スケジュール】

  • 設定の中身がイマイチよく分からない
  • とりあえず無難に設定したい

新規ミーティングをスケジュールする際、16項目くらいの設定があります。

その中には、ちゃんと設定した方がいいものもあれば、あまり気にしなくていいものも。

細かく話すとそれなりに複雑なので、この記事では”ザックリ”解説します。

最低限これだけ知っていればOKです。

新しいミーティングをスケジュールする

まずは、Zoomトップページ『マイアカウント』から『マイページ』へ。

zoom会議で新しいミーティングをスケジュールする方法001

ミーティングの右端にある『ミーティングをスケジュールする』から、設定をします。

Zoom新しいミーティングをスケジュールする001

Zoomミーティングの設定をする

各設定の中身を、ザックリ解説していきます。

トピック/説明(任意)

トピックは、会議名などのタイトル。
できるだけ分かりやすくシンプルなものにしましょう。

説明(任意)には、必要であれば補足情報などを入力しますが、登録必須の設定にしたときくらいしか表示されません。

あまり意味無し。

関連記事:『トピック』と『説明(任意)』の入力と表示例を解説【Zoom】

開催日時/所要時間

開催日時は、実際にミーティングが行なわれる予定の時間を入力しましょう。参加者への招待メールには、その日時が記載されます。

ちなみに、時間になったからといって、勝手に始まったりしません。

また、時間前にも開始できるので、早めに入ってスタンバイすることがほとんどです。

所要時間は、適当でOK。
というのも、基本プラン(無料)は『3人以上で40分まで』という時間制限があるからです。

24時間使えるプロプランにした場合も、あまり気にしなくて大丈夫。招待メールには記載されませんし、設定した所要時間を過ぎたからといって、強制終了させられることもありません。

時間を過ぎてから終了すると、『今後』からは消滅しますが、『過去』には残るので大丈夫。

心配なら少し長めに設定を。

関連記事:『開催日時』と『所要時間』の仕様&使い方【Zoom】

タイムゾーン/定期ミーティング

タイムゾーンは、開催する国(地域)の時間に合わせます。日本で開催するなら、そのまま日本時間でOK。

定期ミーティングは、『毎週金曜日に会議』など、定期的に開催が決まっている際に便利な機能。『毎日』『毎月』『隔週』などの細かい設定もできます。

ミーティングID

基本的には『自動的に生成』を選択してください。

個人ミーティングIDは、セキュリティ的にリスクがあります(使い方によっては便利な面もあります)。

パスコード/待機室

セキュリティ上、パスコードの設定は重要です。基本プランでは必須化されました。

プロプランにすれば『パスコード無し』にすることもできますが、おすすめしません。

待機室は、参加者の入室を一旦保留する機能です。

参加者はまず待機室へ送られ、主催者がチェックし、問題なければ参加を許可するというシステム。

許可されなければ入れないため、セキュリティ対策になります。

ビデオ/ミーティングオプション

ビデオをオンにしておくと、入室と同時に画面(顔)が映ります。

ミーティングオプションの各項目については、別記事で解説します。

ちなみに一番下は、「参加できる国(地域)を設定、もしくはブロックする国(地域)を設定」する項目です。

ひとまず全部ノーチェックでOK。

ミーティングを開始/招待状をコピー

スケジュールを保存した後、編集することができます。

また、設定後はすぐに開始することができ、所要時間内であれば一旦終了しても再開できます。

ミーティングの招待状をコピーし、メールやLINEに貼り付けて、誘いたい人へ送信。

あとは参加者がリンクをクリックし、パスコードを入力すればZoomに参加できます(パスコードをリンクに埋め込んだ場合は入力不要)。

まとめ

  • トピック…タイトル
  • 説明…無くてもいい
  • 開始日時…正確な方がいい
  • 所要時間…あまり気にしない
  • タイムゾーン…は開催地の時間に
  • ID…『自動的に生成』
  • パスコード…必須を推奨
  • 待機室…使わなくてもいい(必要に応じて)
  • ビデオ…どちらでもOK
  • オプションはノーチェックでOK

これで設定は完了です。

トピックと開催日時さえ決まっていればなんとかなるので、気楽に開催してみてください。

各設定の詳しい設定は、別の記事で解説します。